快適性脳

さらにワイドに、混雑時も快適に。

ノンステップスペースを拡大


前向き優先席の採用やホイールベースの延長などにより、ノンステップスペースを大幅に拡大。通路両脇にお客様が立っていても、車内中央をスムーズに移動できます。また、車いすはもちろん、ベビーカーのままの乗車も可能なフリースペースを設置しました。


大きな固定窓


広い固定窓の採用により着席時でも降車場所の確認がしやすく、また明るく開放的な室内空間を実現しました。

LED式室内灯


新しい天井デザインにマッチするLED式室内灯。長期間使用可能でコスト削減にも貢献します。

室内スピーカー


車内放送用のスピーカーには、天井部に違和感なく収まるレール内取付型を採用しました。


天井が気にならない、ゆとりの高さへ。

後部通路の室内高


後部の室内高を拡大し、ヘッドクリアランスを改善しました。また、天井デザインの見直しによってすっきり感も演出。背の高いお客様でも天井を気にすることなく乗車いただけます。


パッケージクーラーシステム

電動式パッケージクーラーシステム



ハイブリッド用バッテリーからの電力供給によって、電動コンプレッサーを駆動して空調を行います。

燃費に貢献
クーラー用のコンプレッサー駆動が不要なため、エンジンの負荷が軽減され、燃料消費を抑制します。
室内快適性の向上
システムのコンパクト化と電動コンプレッサーの最適制御で、高効率冷房による快適な室内環境を実現。ディーゼル車同様、ファンの大型化で冷房性能と静粛性が向上しています。
アイドル・ストップ時にも冷房
アイドル・ストップ・システムによりエンジンが停止している場合でも、電動コンプレッサーによる空調が約90秒間継続されます。

室内フィルター


クーラーのパッケージ化により、フィルターを天井に設置。冷房ダクトは冷房ユニットの突出物のない、すっきりとした形状としています。

温水式ヒーターシステム


車内を快適な環境に保つ温水式ヒーターシステム。コントロールパネルを操作のしやすい位置に配置しました。


エンジン直結式パッケージクーラーシステム



可変容量コンプレッサーを採用。

車内の温度状況によりコンプレッサーの圧縮容量を連続的に変化させることができます。

 

燃費に貢献冷房時に必要以上の動力を必要としないため、燃料消費を抑制し燃費に貢献します。すぐれた運転フィーリングマグネットクラッチのON-OFFが少なく、加速時のエンジン負荷を軽減し、運転フィーリングの向上をもたらします。室内快適性の向上コンプレッサーの最適制御により、冷風の吹出し温度が安定し、快適な室内環境をもたらします。ファンの大型化により、冷房性能のさらなる向上と静音化を実現しています。

 

エアコンカット制御


車両発進時にエアコンの出力制御を行ない、エンジンに対する負荷を低減し、動力性能と燃費を向上させる機能を採用。エアコンカット作動時にも送風ファンを作動させることで、車内の快適性を妨げることなく、必要な空調性能を確保しています。